ペット火葬、ココに注意【注意点や大型犬の火葬料金について】

大型犬の寿命は一番短い?!【平均寿命を把握しておこう】 大型犬の寿命は一番短い?!【平均寿命を把握しておこう】

ペット火葬に関する疑問

動物

ここでは、ペット火葬に関するあらゆる疑問に答えていきたいと思います。ボルゾイやレトリーバーをはじめとする大型犬を飼っている方は特に必見です。

ボルゾイのような大型犬でもペット火葬してもらえますか?
もちろん可能です。ハムスターのような小動物からボルゾイのような大型犬まで、幅広い動物の葬儀を受け付けています。ただ、国内にある全てのペット火葬会社が対応しているわけではありません。HPや電話などで事前に確認することをオススメします。
大型犬なので運ぶことができません。病院まで迎えに来てもらえますか?
はい、可能です。業者側が預かることはもちろん、希望を出せば遺体を依頼者の自宅まで運んでもらうこともできます。ただその際、搬送用の車に依頼者が同乗することはできないので注意しましょう。
お骨は持ち帰ることができますか?
もちろん可能です。最近は分骨した骨を入れる専用の小箱やカプセルなども販売されています。葬儀を依頼した会社に言えば、これらのアイテムを紹介してもらえるでしょう。

大型犬のペット火葬料金

犬のペット火葬における料金は、サイズ別に分けられている場合がほとんどです。そこで、大型犬のペット火葬料金の相場を、供養方法別に見ていきましょう。

ペット火葬の供養方法別料金相場【大型犬の場合】

合同火葬の場合
32,000円~34,000円
一任火葬の場合
42,000円~45,000円
立会火葬の場合
52,000円~57,000円

大型犬の火葬料金は、小型犬や中型犬に比べて高めに設定されています。ただ、ペット火葬会社の中には、火葬対象となる動物に体重制限を設けているところもあります。そのため、ボルゾイのような大型犬は体重制限によって追加料金を言い渡される可能性もあります。体重制限を設けていないところに依頼するのが理想ですが、念のため業者を決める前に体重を測っておくようにしましょう。

TOPボタン