寿命が短いからこそ手厚い供養を【ペット火葬で最後のお別れ】

大型犬の寿命は一番短い?!【平均寿命を把握しておこう】 大型犬の寿命は一番短い?!【平均寿命を把握しておこう】

犬は大型犬のほうが寿命が短い

複数の犬

犬は人間の良きパートナーとして、昔から愛されてきました。現在世界には数多くの犬種が存在しています。それに加え、品種改良や科学・医学の進歩により、犬を含むペットの寿命が大きく伸びてきています。そこで犬の寿命をサイズ別に見てみましょう。

体格別の犬の寿命

小型犬
小型犬の平均寿命は12~15歳です。小型犬は室内飼育されるケースが多く、それに伴い寿命が長くなる傾向にあります。実際小型犬は中型犬とともに平均寿命の長さは上のほうに位置づけられます。老化が始まるのは10歳前後からで、そこから病気にかかりやすくなってしまうようになります。
中型犬
中型犬は、国内で非常に人気がある柴犬や秋田犬などが該当します。平均寿命は小型犬と同じく12~15歳くらいとなります。ただ小型犬よりも体重が重くなってしまうので、晩年は寝たきりの生活を送ることが多い傾向にあります。老化は9歳前後から始まります。
大型犬
大型犬には、ボルゾイやレトリーバー系の犬種が該当します。平均寿命は10~12歳と小型犬や中型犬よりも短く、また大柄である分心臓や足の関節にかかる負担はどうしても大きくなってしまいます。老化が始まるのも7歳前後と割りと早めです。

なぜ大型犬は寿命が短いのか?

大型犬の寿命が短い理由を教えてください
大型犬は体が大きい割に心臓や肺が弱めです。常に酸欠気味の状態となっているのは、普段体内に十分に酸素が行き渡っていないからです。そのせいで細胞の老化が早まり、寿命を縮めてしまう要因だと考えられています。

大型犬を飼っている人間にとって、寿命が短めであるというのはとても悲しいことです。でも、だからこそ普段のコミュニケーションを濃く、楽しいものにしようと意識できるはずです。もし寿命を迎えてしまったら、感謝とお別れの意味を込めて、ペット火葬で丁重に弔ってあげましょう。

家族の一員だからこそペットの死について考えよう

犬の平均寿命は13.9歳

犬は人間より5倍の速度で年をとる(40代/動物学者)

犬の平均寿命は人間よりだいぶ短めであるため、一緒に生活をしていれば、犬のほうが先に死を迎えてしまう場合がほとんどです。死を迎えたときは、人が死んだときと同じようにお葬式をあげてあげましょう。近年、専門業者にペット火葬を依頼する人が増えてきています。ペット火葬をあげて弔ってあげれば、息を引き取った愛犬もきっと喜んでくれるはずです。

ペット火葬の種類を把握しておく

合同火葬
合同火葬とは、他の家で飼われていたペットと一緒に火葬することを言います。火葬後の遺骨は他のペットのものと混ざってしまうため、返骨されることなく業者の手で埋葬・納骨するシステムとなっています。他の火葬方法に比べ、料金は一番安めです。
一任火葬
一任火葬は個別で火葬してもらえる火葬方法です。火葬の場に立ち会うことはできませんが、返骨してもらったり、個別で納骨堂に納めてもらったりすることができます。しかし、合同火葬より料金が高めに設定されている場合がほとんどです。
立会火葬
立会個別火葬は、文字通り火葬の場に立ち会うことができる火葬方法で、他の火葬方法に比べてペットとのお別れの時間を長く設けることができます。内容的には人間の火葬とほとんど変わりません。料金は合同火葬や一任火葬よりも高めに設定されています。火葬後の遺骨は返骨か、もしくは納骨堂やペット霊園に納められる流れとなります。

誰でもできる!大型犬のための棺の作り方

ペット用の棺は割りと簡単に作ることができます。まず、棺本体となるダンボールか木箱を用意します。プラスチック性の箱でも構いません。その中に新聞紙かビニール、もしくはバスタオルを敷き、さらにその上に遺体を冷やしておくための保冷剤を敷きます。下準備はこれでOKです。遺体を入れるときは、バスタオルか新聞紙で包んで保冷剤の上にゆっくり乗せましょう。ボルゾイのような大型犬を収める場合は、体がちゃんと入るような大きさのものを用意しましょう。

TOPボタン